1. トップページ
  2. 腰(脊柱管狭窄症、坐骨神経痛、椎間板ヘルニア)

腰(脊柱管狭窄症、坐骨神経痛、椎間板ヘルニア)

正常な脊髄

正常な脊髄

写真は正常な脊髄です。

滑らかに伸びているのがわかります。
脊髄は袋のような感じで、中は水分で満たされ、そこに神経が走っています。

なぜ痛くなるのか

異常な脊髄

腰痛や下肢の痺れ、痛みの主な原因に脊柱管狭窄症・椎間板ヘルニアがあります(圧迫のされ方が違います)。
写真を見て下さい。白いのは脊髄です。神経は脊髄を通り、脳へ達します。
脊髄が圧迫されて、まるでウィンナーのようになっているのが分かります。当然、中の神経も圧迫され、例えばこの箇所が左足の神経だった場合は、左足に痺れや痛みがでるのです。
また、次の症状もよく見受けられます。

  • 跛行
  • 間欠跛行(少し歩くと痛みや痺れがでて、休憩を取りながらでないと歩けない)
  • 背筋を伸ばせない(腰が曲がっている)
  • 下肢の特定箇所に痛みや痺れが出る

主な原因

狭窄症・椎間板ヘルニア

赤い部分が脊柱管狭窄症で、骨が神経を圧迫してしまう病気です。

青い部分が椎間板ヘルニアです。椎間板というのは、背骨と背骨の間にあるクッションのようなものです。
それが、ニキビの様に中身が飛び出て、神経を圧迫してしまう病気です。

治療するには

手術で圧迫されている所を開放します。また、脊髄の後方(背中側)の骨を縛ることにより、曲がっていた腰を伸ばします。

手術および実績

腰部脊柱管狭窄症 142 【最短手術時間】 25分
腰部椎間板ヘルニア 21 【最短手術時間】 18分
全体の「手術実績」はこちら

手術後の改善例

パンフレットPDFダウンロード

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。Adobe Readerがインストールされていない場合は、アドビ システムズ社のAdobe Readerインストールページよりダウンロードしてください。