1. トップページ
  2. 股関節(変形性股関節症、跛行)

股関節(変形性股関節症、跛行)

なぜ痛くなるのか?

左右で骨の位置がずれています。

このようにずれると、足の長さが違ってしまい跛行となります。痛みも伴います。

正常と異常な股関節の違い

正常な股関節は、大腿骨の骨頭と骨盤の間に軟骨があり、レントゲン上では隙間があるように見えます。異常な場合、軟骨が削れてなくなっており、さらに骨頭と骨盤が削りあい骨自体が磨り減っていきます。軟骨が再生することはありません。放置しているとさらに悪化する可能性があります。

治療するには

手術で人工股関節に切り替えます。人工股関節置換術と言います。
骨盤の穴に金属をはめ、大腿骨に刺し歯のように棒を入れ、その上に骨頭(玉)がついています。
手術後では赤線のように、骨頭の位置のバランスがとれていることがわかります。

※写真は、実際の症例です。

手術および実績

1年間

全人工股関節置換術 41 【最短手術時間】 38分
人工骨頭置換術 21 【最短手術時間】 17分
全体の「手術実績」はこちら

手術後の改善例

パンフレットPDFダウンロード

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。Adobe Readerがインストールされていない場合は、アドビ システムズ社のAdobe Readerインストールページよりダウンロードしてください。